2020年11月 大統領選挙に勝利したバイデン氏

そのファーストレディーであるジルバイデン氏をご存知だろうか。

馴れ初めについてご紹介していきます。

バイデン大統領とジル夫人の馴れ初め

出会いのきっかけはジル・バイデンはジョー・バイデンという名の男性から誘いの電話を受け取ったことから始まった。「どうやってこの番号をゲットしたの?」。それが1975年、当時は上院議員だった彼からの電話に彼女が発した第一声だった。

二人とも学生時代の出来事です。

 

こちらが二人の若い時の写真です。

きれいですね

なぜなら前妻と別れ、子供が死亡し意気消沈していたためだからだ。

乗り気ではなかったのに、デートを積み重ね

フィラデルフィアの映画館に『男と女』を観に行ったら意気投合したらしい。

 

しかし、すぐに結婚するのとかと思ったらそうではなかったそうだ。

バイデン大統領からジル夫人へのプロポーズ

1977年にニューヨークの国連チャペルで結婚する。

ジョーは5回、プロポーズした。なぜ4回もプロポーズを断ったことのか不明だが

対策として子供たちと仲良くするようにしたそうです。

バイデン大統領とジルの子供たちと仲良くすることで信頼を積み重ね

確信になったところでジルは5度目のプロポーズを快諾したそうだ。

バイデン 大統領とジル夫人の結婚生活

1981年には娘のアシュリーが誕生した。私生活は順調で40年以上続いており孫も5人できた。

何度も大統領選挙に立候補したが、副大統領が最高だった。

しかし、2015年に前妻の息子であるボーを脳腫瘍でなくすという悲劇に襲われてしまう。

二人のこれから

ジョーバイデンは政治家の活動としてはエリートだ。彼はオバマ政権で副大統領を努めた人だ。

2008年のときはオバマ・クリントン氏に阻まれ大統領候補から辞退したが

2020年今度こそ民主党の代表としてトランプ大統領と対決することが現実的となっている。

11月の選挙結果が楽しみで、バイデン氏が大統領になるのか今後も注目していきたい。

 

ジルはオバマ政権時代にセカンドレディーとして活躍。

仮に夫が大統領になったとしても教師の仕事を続け、夫をサポートするつもりらしい。

副大統領夫人だった時も、教授の仕事を続けていた