2020年11月3日見事トランプ氏に勝利し、大統領になりました。

大統領になるまで、子供時代はどのような日々を過ごしていたのでしょうか。

簡潔にまとめましたのでご覧ください。

子供時代は裕福と貧乏を経験

バイデン大統領は生まれた当初は裕福な家庭だったが

10歳になったころ父親の事業失敗により貧乏生活が始まってしまう。

10歳の時に生まれ故郷のペンシルベニア州スクラントンから

デラウェア州クレイモントに引越しを余儀なくされ、高校まで過ごすこととなります。

 

学力は下の方だった

バイデン大統領は弁護士になるためロースクールに通っていました。

しかし。成績は1.9の平均点で85人中76位という下位の成績でした。

これは貧乏と比例しているわけではなく勉強への意欲が低かったと言われております。

アメフトでリーダーシップが評価される

バイデン大統領は学生時代アメフトに熱中していた。

高校時代はチームが負け続ける弱小チームであったが、バイデン のリーダーシップにより

チームを強豪校までに強くした実績を持つ。

 

学生からの支持が多かったため、ジュニアとシニア時代に生徒会長を務めた経験もありました。

大学時代もアメフトを務めていたが、3年生の時恋人と過ごす時間を確保するためにプレーを諦めざる

追えなかった。

学業も疎かになり卒業はできたが、学業成績は下位であった。

 

学生時代から人種差別や座り込み活動などをしており、政治に積極的に関わっていたそうだ。

まとめ

バイデン大統領は副大統領まで上り詰めた人である。

2020年には大統領選挙で勝利し、アメリカを引っ張る

いや、世界のリーダーになること期待しています。