2021年5月26日に深田恭子さんが

女優の活動を休止することを発表しました。

理由ですが、適応障害と診断され医師から休養を勧められました。

 

適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。

ストレスとは「重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事」です。ストレス因は、個人レベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。

また、ある人はストレスに感じることがほかの人はそうでなかったりと、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。

つまり適応障害とは、ある生活の変化や出来事がその人にとって重大で、普段の生活がおくれないほど抑うつ気分、不安や心配が強く、それが明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。

 

 

適応障害になる前、深田恭子さんは目のやつれがきになる心配している

関係者やファンが一定数いたそうです。

 

どのように深田恭子さんの目がやつれていたのか動画と画像を使って

紹介していきたいと思います。

 

【画像動画】深田恭子の目がうつろ!?症状を検証した

 

こちらでは深田恭子さんの目のやつれがどれくらいだったのか

休業直前にイベントに登場した際の素材を使っていきたいと思います。

 

画像を見ている限り目が生き生きとしておらず、目がうつろ状態で

あることが感じられますね。

 

適応障害と言われ活動休止直前の動画はこちらです。


どうやら無理している限界を迎えた作品となってしまいました。

 

適応障害現れる症状としては

  • 体重の増減が激しい
  • 目がうつろで呂律が回っていない時がある

といった症状が出ております。

 

実際深田恭子さんは美を追求するあまりに体重の増減が激しいことも

話題になっております。

 

目がうつろや呂律が回らない症状というのは

24日に登場したイベントで顕著に現れておりました。

ただ時折、いつもとは違う部分もあった。イベント冒頭では声がかすれて聞き取りづらい場面があったほか、試食用のいちごを机の上に落としてしまうアクシデントもあった。ほんのわずかだが、疲れを感じさせた。

 

もしかしたら2015年ごろから適応障害を発生していた可能性がありますね。

相当重いものだと思われます。

世間のイメージを守るために相当悩んだんでしょう。

 

適応障害と言われる症状は既に出ていたので

休養するのは適切な処置だと思われます。

入院する予定はなく自宅で治療する予定だそうですよ。

来年にはまた公の場に出てきて欲しいですね。

深田恭子の目がうつろに対する世間の声

 

 

まとめ

今回は深田恭子さんが適応障害と診断され休養することがわかりました。

以前から深田恭子さんの目がうつろであると言うことも

話題になっておりました。

 

深田恭子さんの動画画像を検証しても症状が出ていることは

明らかでしたね。

 

その後適応障害と診断され活動を休止することが決まりました。

適応障害の症状がイベントで表れておりましたね。

 

管理人おすすめの記事はこれ!