深田恭子さんが5月26日適応障害のため女優活動を

休止することが発表されました。

 

2020年ごろから体調を崩しやすくなり

仕事に影響するからだそうだ。

 

今回紹介するのは深田恭子がやつれたのは適応障害が原因なのか

さらに痩せた画像を比較するのと。

復帰時期は何時ごろになるのか考察していきたいと思います。

 

【画像】深田恭子がやつれた姿がひどい!?

2021年にイベントに登場した際には

痩せた姿を公に見せていて話題となりました。

その姿はこちらです。

だいぶ痩せていますよね。

 

次は2015年と2021年の画像を比べた画像を紹介します。

2015年と2021年の画像を比べると明らかに顔が違いますね。

 

以前痩せた記事を書いたのでこちらの記事もご覧になってください。

 

過度なダイエットをして登場したことが話題になっておりました。

これは適当障害と関係があるのか気になるところですね。

結論を言うと可能性はあると思います。

 

適応障害になる人は真面目な人が多いので深田恭子さんも

それに当てはまって考えすぎた結果心労で痩せたのと同時に適応障害も

背負ってしまったものと思われます。

 

イベントに登場した際にも目がうつろとなっており

ファンも心配しておりましたね。

 

ストイックになった結果だと思われますね。

深田恭子の休養に対する世間の声はこちら

 

 

深田恭子が診断された適応障害とは

適応障害がいまいち分からない人のために

こちら紹介いたします。

適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。

ストレスとは「重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事」です。ストレス因は、個人レベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。

また、ある人はストレスに感じることがほかの人はそうでなかったりと、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。

つまり適応障害とは、ある生活の変化や出来事がその人にとって重大で、普段の生活がおくれないほど抑うつ気分、不安や心配が強く、それが明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。

 

どんな人が適応障害になりやすいのか

適応障害になりやすい人について紹介していきます。

マジメすぎて、がんばり過ぎる、“過ぎ”の二乗で生きている人は、傍から見れば「いい社員」「いい学生」「いい妻(夫)」「いい親」「いい恋人」に映ります。でも、こんないい人ほど、情動の取り扱いがヘタクソであることも少なくなく、適応障害へと自分を追い込んでいきやすいのです。
情動の処理の仕方に問題がある場合が多いので、心と身体がストレスで悲鳴をあげてしまうことになります。

次に、情動が未分化な人というのは、情動の処理の仕方を教えられずに育ってきてしまった人でもあります。そのため、環境の変化に対応して、その時々で適切に感情を認知し、表現するということができなくなります。

さらに身体感覚を抑圧してしまいがちであるというのも、適応障害になりやすい人の気質的特徴といえます。

深田恭子さんはとても真面目で考え込んでしまった結果適応障害になったものと

思われます。

深田恭子の復帰時期を考察した

果たして深田恭子さんは女優の活動を復帰するのには

どれくらいかかるのか考察してみました。

 

結論を言いますと、2022年には復活するのではないかと思われます。

理由といたしましては

回復するのには12ヶ月かかると言われているからです。

本調子に戻るまでおよそ12〜36ヶ月と時間が掛かり、アップダウンを繰り返しながら終息していきます。この時期になる記憶がはっきりしてきますが、一番落ち込んでいた頃の記憶はぼんやりしています。

抑うつエピソード全体を3ヶ月ぐらいで終わらせたいと思ったりするのですが、なかなかそうはいかず早くても1年はかかります。焦らずに取り組まなければならないのが精神科の治療です。それだけ患者さんの変化はゆっくりなのです。

 

どうやら2021年に深田恭子さんをテレビで見ることは難しいみたいです。

2022年まで待ちましょう。

ふっくらした姿がいいと思います。

 

管理人おすすめの記事はこれ!