GACKTさんは芸能人格付けチェックで個人65連勝を記録して

この人はなんでもできる人ではないのか?

と思われていると思います。

しかし、いろんなビジネスに手を出してこの人危ないのではないかと

噂されているのも事実です。

果たして今までどんなビジネスをして失敗してきたのか

紹介していきたいと思います。




GACKTがビジネスセンスなさすぎて笑える!

テレビではマレーシアで豪遊生活を送っていることが放送されていたり

不動産投資も挑戦していることが明らかになっており

一見全てが順調に行っているように思えますよね、。

 

しかし、結構ビジネスを失敗していることが明らかになりました。

下記でわかっているだけで失敗ビジネスをまとめました。

1 仮想通貨

2018年に上場した仮想通貨「スピンドル」

別名「GACKT」コインと呼ばれているものがありました。

220億円もの資金を集めたことで話題になりました。

 

しかし、ガクトコインの発案者である宇田修一氏が、

金融庁から行政処分を受けたことで悪い方向へと進んでしまいます。

最終的に問題があると言われ業務廃止命令が下されました。

この結果スピンドルに対する不信感が高まり、GACKTコインが暴落しました。

利益を得たのは運営だけでしょうね。

2 アパレル

2020年末にはあのカリスマホストローランドとタッグを組みブランド

「G&R」を立ち上げました。

しかし、デザインの盗作が発覚してから発売中止が決まりました。

 

「プロジェクトを主導したのはGACKTで、運営会社も自身の知り合いを連れてきた。先輩に誘われて参加したという形のROLANDは、すぐさま言い訳なしの謝罪をして契約を解除した。あまりのズサンさに、呆れてすぐにプロジェクトから降りたのです。一方のGACKTは、運営会社を叱責した上でチャンスを与えるとしています」(芸能関係者)

なぜこんなことがわからなかったのか不明ですね。




どうして失敗してしまうのか

 

知人は失敗する原因について以下のように考察しております。

「良くいえば好奇心が旺盛。悪くいえば、怪しい儲け話にも『これは行ける!』とばかりにすぐに乗ってしまうので、危なっかしくて仕方がない。ほとんどの人が怪しいと思っているようなことでも純粋に信じてしまい、周りに勧めたりするので、内心では困っている人も多いのです。投資やビジネスに関して、決して目利きではないですよ」(GACKTの知人)

周りの意見を聞いて、慎重に行動してほしいですね。

まとめ

今回はGACKTさんの失敗した代表的なビジネスについて紹介しました。

仮想通貨とアパレルビジネスです。

これ以外にも公表されていないビジネスで失敗している可能性がありますね。

他にも見つかりましたら随時更新していきます。

 

しかし、不動産投資での成功や音楽活動での成功で大きく収入を得ているので

微々たるものでしょう。