平井卓也デジタル改革相が大手企業を脅して不当な価格を提示させない

脅していると話題になっております。

そこで気になるのが平井卓也デジタル改革相の評判です。

 

平井卓也デジタル改革相が評判を下げる行為をしていたことがあるかどうかですよね。

平井卓也デジタル改革相がどんな評判を下げる行為をしていたのか

調べてきたので紹介していきたいと思います。

 

平井卓也の評判は?過去の出来事を紹介

 

平井卓也デジタル改革相の評判はどうなっているのでしょうか。

調べてみると

過去に暴言や変な行動をしていたことが明らかになりました。

まとめて紹介していきたいと思います。

 

1 平井卓也デジタル改革が相福島みずほに暴言

2013年に福島みずほ議員に対し「黙れババア」と発言しました。

証拠はこちら

2013年から暴言癖は治っていないみたいです。

平井卓也の嫁が怒らない人だと証言しているのは嘘である可能性が高いですね。

 

平井卓也デジタル改革相NEC干す発言

これは日本政府が五輪アプリを発注する際に顔認証機能を担う業者NECを脅していたことが判明しました。

減額交渉に関連して、「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」などと発言。さらに、NEC会長の名をあげ、幹部職員に「脅しておいて」と求めていた。

 

  • 「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」
  • 「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」
  • 「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」

 

ヤクザみたいな対応ですね。

平井卓也デジタル改革相親密企業の参入を指示

平井卓也デジタル改革相が特定の企業(ACES)に対して参加させようと

していることがわかりました。

 

どんな発言をしていたのかというと

平井「デジタル庁の入退室管理と、アクセスのね。それはさ、もう新しいシステムを実験的に入れてくれてもいい。松尾先生に言って一緒にやっちゃってもいいよ」

幹部「あっ」

平井「彼が抱えているベンチャー。ベンチャーでもないな、ACES(エーシーズ)。そこの顔認証、はっきり言ってNECより全然いい部分がある。だから聞いて。もうどこから撮ったっていけるし、速い。アルゴリズムがとっても優秀」

 

この後続くのは上記に続いたNEC干す発言となります。

こちらが音声です。


もしこれをやっていたのであれば官製談合防止法に該当いたします。

懲役5年罰金250万円が課せられます。

 

説明責任が求められますね。

このような発言から評判は悪いと判断していいでしょう。

 

完全に干す発言で平井卓也デジタル改革相の評価はガタ落ちか?

平井卓也デジタル改革相の世間の評判と声を拾ってきましたので紹介致します。

 


平井卓也デジタル改革相は世間からたっぷり嫌われています。

身内の自民党からも嫌われている可能性がありますね。

 

まとめ

今回は平井卓也デジタル改革相の評判について調べました。

平井卓也デジタル改革相の評判に対する結論ですが

最悪といった声が多かったので

最悪と結論づけます。

 

NECを脅してACESを採用していたことも明らかになりました。

今後平井卓也デジタル改革相の説明が欲しいですね。

 

平井卓也デジタル改革相の評判に関する情報が見つかりましたら

更新していきたいと思います。

 

管理人おすすめの記事はこれ!