川淵三郎 2021年2月11日に東京オリンピックのIOC会長に急遽決まった

川淵三郎氏について紹介します。

 

経緯は森喜朗の「女性は話をするのが長い生き物」と発言し

国内だけでなく、世界中から反感を喰らいました。

 

そこで今回は新しくIOCの会長に就任した川淵三郎氏の経歴

や嫁・子供などについて紹介いたします。

川淵三郎の経歴やプロフィール

こちらでは川淵三郎の経歴やプロフィールを紹介します。

川淵三郎のプロフィール

名前:川淵三郎

出身地:大阪府高石市

生年月日:1936年12月3日

学歴:三国丘高校・早稲田大学

川淵三郎の経歴

小中学校時代は野球少年で演劇もしていたほどマルチなことをしていた。

高校生の時からサッカーを初めて才能が開花し

早稲田大学時代にはサッカー日本代表として東京オリンピックに出場。

アルゼンチン戦では起死回生の同点ゴールを決めたことが有名だ。

こちらは社会人古河電工でサッカーをしていたときの画像だ。

 

昔の写真だから白黒ですが、若さが伝わりますね。

 

1991年のJリーグ発足にも携わっていた。当初は

8チームだった予定を10チームにするなどサッカー界に貢献してきた。

サッカーチームには親会社がいないことが理想だと提案してきた。

 

その後は首都大学東京の理事長や

日本トップリーグ機構代表理事などを務めスポーツ界

を熟知している人である。

川淵三郎の嫁や子供の画像を公開します!

こちらでは嫁と子供について紹介します。

川淵三郎の嫁

川淵三郎の家族構成ですが、

  • 娘二人
  • 孫3人

という構成になっております。

 

嫁の名前は康子さんと言います。

出会いは高校時代でセーラー服姿で一際目立つ女性がいたとのこと。

それが康子さんだったのです。

初対面の印象をこう語っております。

川淵三郎氏がいうには心臓を鷲掴みされたような感覚だったそうです。

しかし、高校時代は一言も会話がなかったようです。

 

大学時代に帰省した時地元でアルバイトをしていて。

電車内で偶然康子さんを見つけました。勇気を出して声かけて

友人のいとこだと分かり安心したのかデートの約束ができました。

 

しかし、約束の時間に現れず5分経っても現れなかったので帰ってしまいました。

15分後に康子さんがきたそうですが。

 

また会うために康子さんが乗っている同じ電車で待ち伏せて話しかけたそうです、。

 

川淵三郎の子供

子供ですが顔画像や名前については見つけることができませんでした。

娘のことについて下記のことを語っております。

 


親子ともに健康オタクであることが分かりますね。

 

娘のエピソードについては見つけられませんでしたが

孫のエピソードを見つけました。

 

右側に写っているのは孫なのでしょうか。

2021年現在は20歳と成人している可能性がありますね。

顔写真が見つかりましたら更新いたします。

なぜ川淵三郎が選ばれたのか!理由が驚いたものだった

なぜIOC会長という大役を引き受けたのかそれは

森喜朗氏から依頼を受けたからだ。

森さんから言われて会長になるのは非常に名誉なことなので、今までやって来られた尽力を無にしないためにも、なんとか力になれればいいなと思っています。とりあえずは今日決定というわけにはいかないので、僕としては「推薦があったらお引き受けします」と言って話が終わった。

正直言って断る状況じゃなかった。名誉なこと。なんとか力になれば!

と覚悟を決めたようだ。家族の大反対を押し切っての決断は見事だと言える。

 

引き受ける際には以下のことを条件にしたみたいです。

相談役としてぜひ森さんには残ってほしいと。そうでなければ僕としては務めを果たせないのでということに対して、森さんも「どんな形であれ、相談に乗って一緒に成功させるために努力をしていきたい」と言っていただいた。例えば政治的にも動いてもらわなければならない。僕は政治的な動きはできないんでね。難しい話はいっぱい出てくると思うので、そういう時には森さんの政治力を生かしてもらえるような立ち位置でぜひ一緒にやっていただけるなら、お引き受けしますと言った。

 

大きな仕事が待っているのは3月末に東京オリンピックを開催するかどうかを

判断することだ

防疫体制が一番の問題。科学的な検証をした上でどう開催するか。それが国民に理解されることが最低限の条件だ」

国民に理解される説明をして欲しいですね。

世間はどう思っているのか

 

まとめ

川淵三郎さんについて紹介しました。

 

  • 若い頃はサッカー選手だった
  • 嫁は康子さんでドラマチックな恋愛があった
  • 娘は二人いるが詳細は不明
  • 孫は20歳前後
  • IOC会長を引き受けたのはやらざるを得ない状況だったから

でした。

東京オリンピックが開催され、リーダーシップを発揮することを期待しております。