2020年のドラフトで指名が濃厚な小林樹斗選手について紹介していきます。

智弁和歌山のエースであり、3年連続で夏の甲子園に出場し

プロのスカウトからも注目を浴びております。

 

今回は出身中学、家族などの経歴について紹介していきます。

出身中学はどこ?

出身中学校は美浜町立松洋中学校です。

 

中学時代は軟式野球をやっており、2番手の投手だったそうです。

クラブチームに所属していた情報はありませんでしたので

学校の野球部に所属していたと思います。

 

松洋中学校ですが、公立校で珍しく全国制覇を経験した強豪校でもあります。

 

家族について

 

父親 母親

残念がら情報がありませんでした。

わかり次第情報を更新いたします。

兄弟

兄弟に関する情報も見つかりませんでした。

わかり次第更新いたします。

もしいるとしたら兄弟で野球をやっている可能性が高いですね。

プロフィール

名前:小林樹斗

生年月日:2003年1月16日

出身:和歌山県美浜町

身長/体重 181センチ76キロ

 

選手としての特徴

ストレートは最速148キロ、2年生の時2019年夏の甲子園で記録する。

1年生時代も147キロを記録しておりこれから伸びしろが期待できる選手でもある。

 

変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップ・フォークが使える。

 

ここまで脅威になったののには、1年生時代のウエイトトレーニング

や食事内容を重視した結果だと思っているそうです。

 

投球動画

こちらは148キロを投げた動画です。2019年夏の甲子園です。

 

スカウトの評価

スカウトの評価まとめました

日本ハムの林孝哉スカウトは「多少シュート回転するボールもあったけど、ここまでよくなっているとは思いませんでした」と絶賛。

別のスカウトは「6月上旬に見た時は、正直、大学を経由してプロでもいいかと思いましたが、今日の試合を見ていてここまでストレートで押せるようになったとは驚きです。この1カ月でここまで変わるとは......高校生の成長はすごいですね」と舌を巻いた。