今回は10月6日に週刊文春が公開した自由民主党のデジタル大臣である牧島かれんさんがなんとNTTと豪華な接待をしていたことが明らかになりました。

 

もし事実であるとするならば、NTTに有利な政策をすることになり違法な行為をしたことになりますね。

会食をしたのは2019年6月3日と2020年6月9日の2回で、場所はNTTの会員制レストラン「KNOX」でなんと5万円のコース料理を堪能していたことが明らかになりました。

 

こんな豪華な接待をしているなんて国民はお怒りでしょう!

今回の週刊文春の記事を読んでいて私は疑問に思ったことがあります。それは、、、、牧島かれんさんがNTTを接待した会話の内容ですよね。

 

牧島かれんさんはなんと回答したのかというと、

「会食を伴う意見交換を行ったのは事実です。(飲食費を)支払った記憶はございません。政治家として様々な方と意見交換を行うことは重要であり、問題ないと考えています」

と回答しております。

自分が正当な行為をしたという自民党お得意の自分は悪くない発言をしているかのように感じる人も一定数いるでしょう。

 

この発言を鵜呑みにする有権者は少ないと思います。そこで今回は牧島かれんさんがNTTと接待した際の会話の内容ななんなのか紹介していきたいと思います。

 

牧島かれんがNTTと接待した会話内容は何?

こちらでは牧島カレンさんがNTTとの接待会食の際にどんな会話をしていたのかどうか紹介していきたいと思います。

牧島かれんさんがどんな会話内容をしたのかというと、、、情報がありませんでしたので平井卓也前デジタル大臣が接待した際の時のことを参考に牧島かれんさんがどんな会話をしていたのか推測していきたいと思います。

平井卓也さんとデジタル庁の官僚である赤石氏と向井氏の3人はNTTの幹部から高額な接待をしていたとされております。

もしNTTに全て費用を負担させていたとしたら違法行為となります。

平井卓也氏はこんなように語っておりました。

支払っている支払っていないで否定をするなど対応していたが、週刊文春が続報を出すのと同時に、「NTTに確認して(6月)21日に請求を受けて、3人分、計22万円を支払った」などと経緯を説明。一方で、「社員食堂のようなレストラン。請求書が来ないと払えるようなものではない」などと述べた。

 

会話の内容についても

「会食は一般的な意見交換であって、大臣規範に抵触するものではないと認識している」と語っておりました。

 

このようなことを考えると、牧島かれんさんも大臣規範に抵触するようなことをしている可能性は低いでしょう。

しかし、週刊文春の報道が出たことによって嘘ついているのではないかと強く疑われますね。本当にしていないという国民

からの信用を得るのは難しいでしょう。

政治家というのは、真面目にやっていそうで嘘をつくのは上手いですからね。

 

会話の内容は、おそらくオリンピックに関する内容で、NTTに有利になるような受注をしてほしいという会話内容であった可能性が高いとみていいでしょう。

 

もし本当のことが続報で報道されたら更新していきたいと思います。

次は牧島かれんさんとNTTが接待した場所について地図で紹介していきたいと思います。

 

牧島かれんとNTTが接待した場所はどこ?地図で紹介

上記ではNTTで接待受けた牧島かれんさんと平井卓也さんが会食したとされるKNOXとはどこにあるのでしょうか。

 

〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目7−5 フェスタ麻布


場所は麻布十番で、大使館が集中していて、国会議事堂からも近い場所で会食が行われておりました。

まさにセレブの街ですね。だから5万円もするコースが出てくるんですね。

しかし、NTTの澤田社長はこちらの店舗を閉鎖するみたいですよ。

もともとNTT専用で使っていたみたいです。維持コストが高いのかもしれませんね。

 

関連記事

こちらでは政治家に関する記事をあなたに紹介します。

【画像】橋本健の現在の姿はこれ!仕事や今井絵理子との生活さらに過去の問題も紹介

岸田文雄の嫁(夫人)の学歴が豪華!学生時代の写真や金持ちエピソードも紹介

平井卓也の評判はどうなの?完全に干す発言で評判はガタ落ちか!?