2021年春の選抜に出場が決まった大阪桐蔭高校

当然全国優勝する有力校として注目されております。

その中で注目されている投手がいます。

それが松浦慶斗選手です。

 

2021年のドラフト1位候補としても注目されております。

そこで今回紹介したいのは松浦慶斗選手の父親・母親についてです。

他には野球の経歴などを紹介していきたいと思います。

松浦慶斗の父親と母親(両親)はどんな人?

こちらでは松浦慶斗選手の父親と母親について紹介いたします。

松浦慶斗選手の父親について

松浦慶斗選手の父親の名前は吉仁(よしと)さんです。

松浦慶斗選手の父親は北海高校時代に88年春と89年夏の甲子園に出場。

卒業後は社会人野球の山陽国策パルプの硬式野球部で活動していました。

 

2000年に同じ会社の石巻硬式野球部に移籍し、のちに監督をやった人物です。

顔画像は見つかりませんでした。見つけ次第更新いたします。

松浦慶斗選手の母親について

母親の名前は美雅(みか)さんです。

わかったのは名前だけでした。

顔写真も当然ありません。

わかり次第更新いたします。

 

しかし、松浦慶斗選手の母親の妹である古谷理江(りえ)さんの次男が古谷優人(19)さん

であることが発覚しております。

両親とも野球一族であるこということですね。

松浦慶斗選手の出身中学や野球の経歴などまとめた

こちらでは出身中学や野球の経歴について紹介いたします。

出身中学

出身中学は旭川市立明星中学校です。

出身は宮城県石巻市ですが、小学校1年生の時に引っ越しをしているからですね。

学校の野球部には所属せずに旭川大雪ボーイズというクラブチームに所属して

野球しておりました。

 

野球の経歴などまとめた

つづけて野球の成績について紹介していきます。

松浦慶斗選手が野球を始めたのは小学校1年生からです。

小学校2年生の時に引っ越し、

小学校6年生の時に日本ハムファイターズJr.に選ばれております。

 

 

松浦慶斗選手は中学生になってからは学校の野球部には所属せずに

旭川大雪ボーイズで活動しておりました。

1年生の時にカル・リプケン12歳以下の世界大会に出場

主力として活躍しました。

成績は3試合に登板して世界一に貢献しました。

 

高校は大阪桐蔭に進学

1年生の時から秋の大会でベンチ入りを果たす。

球速は142キロを記録する。

2年生になると近畿大会で球速146キロの自己ベストを記録する。

夏には150キロを記録してプロ注目の選手となる。

3年生に関してはまだないのでわかり次第更新していきます。

松浦慶斗のプロフィール

名前:松浦慶斗

出身地:宮城県石巻市

生年月日:2003年7月1日

身長・体重:185センチ88キロ

選手としての特徴

こちらは投球動画となります。

松浦慶斗選手は最速150キロを投げる本格派の左腕

球種はスライダー・カーブ・フォーク

コントロールに関してはばらつきがある。

伸びしろが期待できる選手としてドラフトで注目を集めている。

スカウトの評価

千葉ロッテ・永野プロアマスカウト部長|21/1/5
 「みんな(松浦・関戸・池田)ポテンシャルが高い。球速も(今年のドラフト候補では)かなり上位。コンスタントに左(投手)は取っているけど、課題の一つではある」

巨人・渡辺政仁スカウト|20/8/4
 「上背があるし投げ方もいい」
 「(関戸と松浦は)2年生の中ではモノが違う」

オリックス・下山スカウト|20/8/4
 「来年も楽しみで

まとめ

ドラフト候補ですので今後が楽しみですね!最初は両親についてですが

  • 父親の名前は吉仁(よしと)さん
  • 母親の名前は美佳さんでした。
  • 球速は最速150キロ投げる左腕です。
  • ドラフト上位での指名が濃厚な選手である。

3年生の情報に関しては後日更新いたします。