箱根駅伝の予選会で見事日本人1位となった三浦龍二選手

彼は5000メートルで日本歴代2位という記録を出しましたね!

2020年10月18日に行われた箱根駅伝の予選会では

1年生で日本人1位を記録し陸上界で話題の人となっております。

 

果たして三浦龍二選手の身長・経歴について紹介していきたいと思います。

三浦龍司(順天堂)の身長は?

三浦龍司選手の身長は165センチです。

体重が52キロとマラソン選手ながら小柄だということがわかりました。

 

日本人男性の中では小柄な方ですが、長距離選手としてはコンプレックスにならない

と思える身長だと思いますね。

陸上の経歴や記録を調査してみた!

こちらでは高校時代や中学時代の陸上の経歴について紹介していきます。

高校時代

高校は陸上の名門校洛南高校に進学します。

本職は3000m障害で、京都・洛南高校時代には高校記録(8分39秒37)を樹立

しており。とんでもない選手が登場しました。

 

高校時代の実績ですが(主に駅伝)

2017年全国高校駅伝 4区 27位

2018年全国高校駅伝 9位 1区

2019年全国高校駅伝 21位 1区

 

と3年連続で全国高校駅伝に出場しております。

特にすごいと思ったのが

2019年京都府高校駅伝で1区で1位

2019年近畿地区高校駅伝4区で1位

と輝かしい実績を残しました。

 

順天堂大学

大学は順天堂大学に進学、塩尻和也さんを目標にしているため進学を決めたそうです。

 

京都・洛南高3年の昨年、高校記録を30年ぶりに更新した逸材。リオデジャネイロ五輪代表のOB塩尻和也(富士通)に憧れて順大に入り「3000メートル障害だけでなく、ロードでも学生ナンバーワンと言われた塩尻さんのようなオールラウンダーを目指す」と誓う

 

大学生になりデビュー戦がホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会だった。3000メートル障害に

出場し8分19秒37を記録。これは日本歴代2位の好記録である。

さらに東京五輪の参加標準記録である8分22秒を超えるタイムであった。

オリンピック選手候補でありながら、箱根駅伝で活躍が期待される有望株なのである。

 

箱根駅伝の予選会では日本人1位の1時間1分42秒

全体5位でフィニッシュしました。

三浦は「全然実感はないけど、記録が残ったのはうれしいです。初ハーフだけどこういう結果が出たので、これからも自信をもって取り組めそう。日本人トップ集団は見えていたので、最後に追いついていこうと落ち着いて走った。先輩についてリズムを作って走ることができたので、こういう結果がついてきたと思う。これから自分が順大を引っ張れるようにしていきたい」と話した。

箱根駅伝予選会

早くも2区で走ることが噂されております。

三浦龍二(順天堂)のプロフィール

名前:三浦龍二

出身:島根県

大学:順天堂大学

身長・体重:165センチ52キロ

まとめ

三浦龍司選手の身長を中心に陸上の経歴について紹介しました。

身長は165センチと小柄ですが

マラソン選手としての実力はピカイチです。

2021年の箱根駅伝はどんな走りをしてくれるのかファンとして

楽しみです!