2020年地元富山の選挙区で飲んでいて倒れたことが判明しました。

政府が自粛を求めている中で30人以上の忘年会を実施していたそうです。

誰とやってたかというと、地元の漁業関係者だそうですよ。

 

こういった不祥事は初めてではありません。

実は2年前に全裸ピンポン事件を起こしています。

何それ?というあなたのために詳しく紹介していきますね。

宮腰光寛が起こした全裸ピンポンとは何?

全裸ピンポン事件が発覚したのは2018年10月25日

週刊文春での報道で明らかになりました。

内容はというと

「夜中に突然、インターホンが鳴ったのです。妻が玄関に見に行ったところ、『キャー、裸の変な人が立ってる!』と悲鳴を上げました。私も急いで玄関に行き、ドアを開けたけど、もう姿はなかった。妻の声が大きかったので、驚いて逃げたんでしょう。その日は誰か分からなかったのですが、翌日だったか、その先生の娘さんが菓子折りを持ってきたのを覚えています。今回の改造で大臣になっていたので驚きました」

実行したのは2007年で、深夜に酒に酔って議員宿舎内の他の議員の部屋に入り服を脱ぎ、

裸で廊下に出て他の議員の部屋のインターホンを押す、などの行為に及んだという。

まぁ、酒飲むと理性を失いなんでもするんですね!

 

後日妻と娘が謝罪行脚をしたとのこと。

何してんだよ!

野党からヤジられる始末に・・

居酒屋で倒れてまた話題に

不祥事は1度で済ませたらいいものですが、宮腰光寛はそうはいきませんでした。

2020年漁業関係者との懇親会で酒の飲み過ぎなのか倒れたと報道されました。

入院するほど重症ではなかったそうですが、

宮腰光寛はコロナ禍での忘年会の参加を申し訳なかったと謝罪している。

 

この人は相当な酒好きで自分を抑えられないのでしょう。

富山2区の人たちなぜこの人を国会議員に選んだんですか?

考え直した方がいいと思います!

まとめ

2020年に忘年会で飲んで倒れたことがきっかけにこの人酒飲むと

理性が抑えられない人だということがわかりました。

この不祥事をきっかけに全裸ピンポン事件を思い出したと思います。