今回は佐賀県鳥栖市で起きた殺人事件について紹介していきます。

何が起きたのか事件の経緯について紹介していきたいと思います。

事件概要について

2021年9月10日午後1時ごろに佐賀県鳥栖市酒井東町の住宅の敷地内で山口鴻志容疑者(25)がハンマーを使って殺害しました。

 

被害者は佐賀県鳥栖市に住む無職大塚千種さん(79)という方で、無職大塚千種さん(79)の頭部を複数回殴りました。その後近所の人は大塚さんが倒れているのを見つけました。しかし外傷性くも膜下出血による脳機能障害で死亡してしまいました。

 

無職大塚千種さん(79)を殺害した山口鴻志容疑者(25)は3日間逃走し、13日の午後1時ごろ大分中央警察署を自首するために訪れ「鳥栖市内の一軒家の民家の庭で、高齢の女性の頭部をハンマーで複数回殴った。僕が殴った高齢の女性は死んだかもしれないので、とんでもないことをしてしまった」と供述しました。

 

山口鴻志容疑者(25)は警察の調べに対して「ハンマーで頭部を殴れば、殺してしまうかもしれないと思っていましたが、確定的な殺意まではありませんでした」と語っておりました。

上記で紹介した通り、大塚千種さん(79)はハンマーで殺害されてしまいました。

今回このYahoo!ニュースを読んでいてとても辛くて悲しい思いをしてしまいましたね。殺人をした山口鴻志容疑者(25)がしたことはとても許されることではありませんね。

 

今回の殺害事件をYahoo!ニュースを読んで疑問に思ったことがあります。それは山口鴻志容疑者(25)が起こしたハンマー殺人の現場はどこなのか?についてです。

 

そこで今回は佐賀県鳥栖市で起こったハンマー殺人の現場を紹介します。具体的には、犯人が通う長崎県から事件現場の佐賀県鳥栖市までの距離や、地域情報や地図・さらに周辺の画像も合わせて紹介していきたいと思います。

 

長崎県ハンマー殺人の現場はどこ?地域情報や犯人(山口鴻志)の潜伏理由や行動範囲などに迫る!

こちらでは佐賀県鳥栖市の殺人現場はどこなのか地図や画像を使って紹介していきたいと思います。

 

まず佐賀県って日本地図だとどこにあるのかわからないあなたのために佐賀県の位置がわかる地図を用意いたしました。それはこちらです。

日本列島の西側にあり、福岡県と長崎県と熊本県が近いですね。

続けて佐賀県鳥栖市は佐賀県内でどの位置に属するのか紹介していきたいと思います。


県庁所在地がある佐賀市から北東に位置していることが地図上で確認できますね。

 

事件現場は鳥栖駅から車で10分のところだということもわかっております。

こちらが鳥栖駅の地図です。


続けて鳥栖駅の周辺画像を紹介いたします。

ハンマー殺人の現場となったのは、ここから車で10分圏内にある佐賀県鳥栖市酒井東町というところです。

奥にあるどこかの住宅街で大塚千種さん(79)住宅で殺害されてしまいました。

佐賀県鳥栖市酒井東町は私自身行ったことはありませんが、きっと空気が有害物質が0に近いほど綺麗で、匂いや水田など全てにおいて綺麗で人が少ない住宅街だったと思います。

その中で殺人事件が起こってしまったというのはとても残念ですね。

大塚さんを殺害した山口鴻志容疑者(25)は車で逃走いたしました。

 

 

犯人である山口鴻志容疑者(25)が移動した距離について紹介していきたいとおもます。

山口鴻志容疑者(25)が住んでいる住所が不明ですので山口鴻志容疑者(25)が通っている長崎大学から佐賀県鳥栖市酒井東町までの距離と車での移動時間について紹介していきたいと思います。

Googleマップで調べてみると、長崎大学から佐賀県鳥栖市酒井東町までの距離は車で移動すると、片道が126キロで移動時間は1時間36分であることがわかりました。

1時間36分という時間を削ってまで大塚さんを殺害したというのは、とても強い殺意があったのではないかと推測いたします。そうでなければ車で126キロ離れた場所まで運転して殺害しないと思ったからです。

 

山口鴻志容疑者(25)は3日の間車で逃走していたことが明らかになっております。続けて事件現場である佐賀県鳥栖市酒井東町から大分中央警察署までの距離を調べていきたいと思います。

調べてみると、事件現場の佐賀県鳥栖市酒井東町から自首した大分中央警察署までの距離は154キロ、時間にして1時間54分であるという結果が出ました。

山口鴻志容疑者は3日の間逃走していたとのことです。その間はネットカフェやコンビニの駐車場で野宿をしていた可能性がありますね。そのようなことがあると、殺害してからの移動距離は200キロ以上になると考えられますね。

潜伏理由については明かされておりませんが、殺害当初は死ぬまで逃げ切るつもりだったけど、3日たってやっぱり俺自首した方がいいと気持ちを切り替えたのだと思いました。

 

長崎大学から佐賀県を超えて大分県まで行ったということは相当行動範囲が広いですよね。

以上のことから山口鴻志容疑者が移動した距離は最低でも350キロは自家用車で運転していることがわかりましたね。

今後何か新しいことがわかりましたら更新していきたいと思います。

 

関連記事

こちらでは今読まれている事件・事故に関する記事をあなたに紹介します。

【長崎県】山口鴻志の評判は?小中高までの同級生からの証言や地元の声や関りなど動機に迫る!

白金高輪駅で硫酸をかけた犯人(花森弘卓)の同僚の評判は?SNSの投稿はあるか

【広島県呉の商業施設】大江博之の同僚の評判は?問題児で最近辞めされられたか