2021年7月に乃木坂46の新メンバーオーディションを

開催することが決まりました。

 

概要を読んでいるとテーマがあることが存在しました。

テーマとは「この世界の、未完成は美しい。」でした。

 

そこで今回はなぜ乃木坂46のオーディションにテーマがつけられた

理由や前回のオーディションもテーマが存在したのか

紹介していきたいと思います。

 

乃木坂46 5期生オーディションにテーマつけた理由は?

こちらでは乃木坂46の5期生オーディションでテーマをつけた

理由について紹介いたします。

テーマは「この世界の、未完成は美しい。」となっております。

 

「この世界の、未完成は美しい。」の意味は

「自分に自信がない人や、なかなか一歩を踏み出せない人など、全国にいる原石たちの背中を押したい」という思いが込められている。

だそうですよ。

 

現在は自分に自信がないと思っているけど、どこかで変えたい自分がいる

と思っている人は乃木坂46のオーディションにチャレンジしてくださいと

込められているんですね。

 

このテーマを見て感じたのは、それって全てのオーディションに共通しているのでは

ないかなと思いましたね。

応募する人って自信はないけどアイドルになりたいという女性が集まっていて

テーマとか設けられずに自分の思いがあれば応募していたと思われます。

 

下記では乃木坂46のオーディションでは前回もテーマがあったのか紹介していきます。

 

乃木坂46のオーディション前回もテーマあった?

 

乃木坂46のオーディションにはテーマが設けられていることがわかりました。

3年前に行われた4期生のオーディションではテーマはあったのでしょうか。

 

調べたところテーマに関する情報がありませんでした。

 

おそらく運営側は乃木坂46のオーディションに参加することを躊躇っている人たちに

向けたメッセージを作りたいと思ってテーマを設けたのだと思います。

 

多く応募が集まったところでスターになれそうな女性を探す意図が

読み取れますね。

 

まとめ

今回は乃木坂46のオーディションのテーマについて

紹介していきました。

 

まとめると

  • 「この世界の、未完成は美しい。」の意味は自信がない人にもチャレンジしてほしい
  • 前回のオーディションではテーマは設けられていなかった

ことがわかりました。

 

ぜひ乃木坂46の新メンバーがテーマに当てはまる女性が

きて欲しいですね。

 

管理人おすすめの記事はこれ!