2021年8月15日の午前11時10分頃に

小天橋海水浴場で事件が起きました。

 

43歳の女性と女性の息子二人、さらに三人を助けようとした60代の男性

の合計4人が海に溺れてしまったのです。

 

その後漁船が来て四人は救助されたのですが、43歳の女性が病院に搬送された

後に死亡したことが確認されました。

 

記事を読んでいて疑問に思ったことがあります。

それは43歳女性と他の人がが溺れた海の水深や岸までの距離は

どれくらいあったのか気になったんですよね。

 

それに当日は大雨が一部の地域で発生していて海が荒くなっていたのでは

無いかと想像いたしました。

 

なので下記では死亡した43歳女性が溺れた時の海の深さは

どれくらいだったのか、当時の海の状況について

紹介していきたいと思います。

 

京都の小天橋海水浴場で43歳女性が溺れた時の海の水深は?

 

こちらでは小天橋海水浴場で43歳女性が溺れた時の海の深さについて

紹介していきたいと思います。

 

調べたのですが、情報はありませんでした。

わかり次第更新していきたいと思います。

 

 

情報がなかったので一般女性が溺れる基準を紹介していきたいと

思います。

 

一般女性が海で溺れる深さというのは自分の身長よりも

深さがあれば溺れると定義していいでしょう。

 

自分の身長よりも低くても波の勢いで深いところに強制的に流されて

しまいます。

子供であれば水深10センチでも溺れてしまうそうですよ。

 

今回溺れてしまった状況として考えられるのは身長くらいの水深と

荒い波に呑まれてしまった可能性が高いですね。

 

なので溺れてしまった時の海はとても危険な状況だったと予想できますね。

 

小天橋海水浴場で43歳女性の溺れた時間や波の状況を調査

こちらでは43歳女性が小天橋海水浴場で溺れた時間や当時の波の状況について

紹介していきたいと思います。

 

溺れた時間というのは約1時間20分溺れていたことがわかりました。

なぜ具体的な時間がわかったのかというと

海上保安庁から発表がありました

 


しかし、波の状況に関しては具体的には情報がありませんでした。

Twitterで前日の海の状況を調べると、遊泳注意が出ておりました。

日本海に面している地域で大雨が発生しておりました。

平均以上に波と風が強かったと見ていいでしょう。

 

どうして親子は注意が出ていたのに海で遊んでしまったのでしょうか。

可哀想なのは母親が死亡して残された息子二人でしょう。

 

関連記事

【渋谷区】高遠龍生が落書きした花柄画像はこれ!プロレベルのデザインか調査

【2021年8月】長崎県雲仙町で土砂崩れが発生した温泉施設どこ?地図や画像紹介

中田翔の暴力で殴られた被害者は誰?全治何ヶ月で慰謝料は貰えるの?