俳優の篠原涼子と市村正親さんが2021年7月24日に

離婚したことを発表いたしました。

 

突然の発表に世間は驚いておりますね。

 

そこで今回は離婚した理由についてや子供の親権などについて

紹介していきたいと思います。

 

篠原涼子と市村正親が離婚した理由は何?原因はDVで別居?

 

篠原涼子と市村正親はなぜ離婚してしまったのでしょうか。

篠原涼子と市村正親さんが離婚した理由ですが、

篠原涼子の女優生活をより輝かせるためだそうです。

 

そして同業だからこそ理解し合えること、また何より私も女優篠原涼子の一ファンとして、彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました。

日刊スポーツ

表向きはこのように語っておりますが、2020年にはコロナを理由に

別居していることが判明しておりますが、同居していて

嫌なことや揉め事が絶対にあったとしか思えないですね。

 

例えばDVや価値観の違いは表面化して別居につながったことも否定できませんからね。

 

裏の理由が判明したら紹介していきます。

 

篠原涼子と市村正親の子供の親権は?

篠原涼子と市村正親さんは子供が二人います。

  • 2005年に長男
  • 2008年に次男

が誕生しております。

 

子供の親権は市村正親さんが持つことが決まっております。

それには強いこだわりがあったみたいです。

 

親権については篠原と市村は何度も話し合って決めたことだという。

「離婚はしますが、篠原さんはお子さんの近くに住み、これからも子育てを続けていくようです。つまり母親を卒業したわけではない、ということ。それに篠原さんは、父親としての市村さんを尊重していますし、その思いは今後も変わらない。

これまでも、市村さんは多忙の篠原さんに代わって、お子さんの学校への送り迎えなどを率先してやってきましたからね。お子さんへの接し方を変えないためにも、“親権は市村さんに”ということにしたのでしょう」(前出・二人の共通の知人)

親権について、市村はこうコメントしている。

私と涼子は言うまでもなく父として、母として可愛い子どもたちと繋がっています。(中略)人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました。これからはそれぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたいと思います》

ニューポストセブン

どうやら前向きな離婚だそうですね。

 

篠原涼子と市村正親の離婚に対して世間の声は

 


まとめ

今回は篠原涼子と市村正親の離婚について紹介しました。

 

離婚理由は篠原涼子さんの女優生活をより充実させるためと

いうことがわかりました。

 

もしかしたらDVやモラハラなど都合の悪いことがあったのかと

思ったら関係者の証言ではないみたいですね。

 

お互いにとって前向きな離婚であってよかったですね。