2021年8月24日21時10分、東京メトロ南北線の駅である白金高輪駅で30代男性と20代女性が、男にいきなり硫酸をかけられる事件が発生致しました。

 

男性の方は硫酸は顔と体にかけられて火傷してしまい、現在は病院で手当を受けているそうですよ。

男はまだ逮捕されていませんが、

男の身長は175センチで中太り、マスクをしていて事件の翌日から公開捜査が行われております。

救急車や消防など多くが出動していて小田急線の殺傷事故に匹敵する事件となりました。

 

8月27日19時30分に静岡県在住の花森弘卓容疑者が全国に指名手配されました。

全国に指名手配されということはすぐに逮捕されると見ていいでしょう。

 

ニュース記事を読んでいて疑問に思ったのは硫酸をばら撒いた犯人(花森弘卓)の評判ですよね。

そこで今回は犯人(花森弘卓)の評判について紹介します。

中身ですが、花森弘卓容疑者の同僚や近所など情報をあなたに提供していきますね。

 

白金高輪駅で硫酸をかけた犯人(花森弘卓)の同僚の評判は?SNSの投稿はあるか

 

こちらでは犯人(花森弘卓)の評判について紹介していきたいと思います。

 

犯人(花森弘卓)の評判ですが・・・・ここからは想像で紹介していきたいと思います。

きっと犯人は仕事を転々としていて目立つ存在ではありませんでした。

なので周囲の声や評判はいつも一人でいるからよくわからないと回答しているでしょう。

 

犯人(花森弘卓)はおそらく危険物を扱う化学薬品会社に就職していた可能性が高いとみていいでしょう。

そして勤務先ではある程度の地位にいたと思います。そうでなければきっと外部に硫酸を持ち込むことなんて無理ですからね。

 

事件が起きる直前なんかに会社を退職し、退職前に自宅に硫酸を隠し持っていた可能性がありますね。

仕事をしていても長続きせず自暴自棄になって人に強く当たっていた可能性がありますね。

近所の人の評判もいいと思う人はおらず、挨拶もせずにボソボソとしているなという印象でしょうか。

 

上記で紹介した犯人(花森弘卓)の評判は良くないと予想いたしました。

 

SNSや学生時代の人物像なども探してのですが見つかりませんでした。

もし何か犯人(花森弘卓)の評判のリアルな声が届きましたら更新していきたいと思いますね。

 

犯人(花森弘卓)は自暴自棄になって犯行に及んだのか 背景を予想

こちらでは犯人(花森弘卓)がどうして白金高輪駅で硫酸をばら撒いて二人に火傷を負わせてしまったのか、考察していきたいと思います。

 

なぜ犯人は硫酸をばら撒いてしまったのか、それは硫酸をかけられた男性に相当な恨みがあったからだと思いました。

そうでなければ赤坂見附駅から執拗に追跡することはないようですから。

 

硫酸をかけた犯人(花森弘卓)は防犯カメラを解析していると赤坂見附駅から男性を追いかけていたことがわかりました。

男性が南北線の白金高輪駅で降りた時にも一緒の車両に乗っており、男性が降りたのを確認してから一歩後ろについて男性の後に追いかけておりました。

計画的な犯行だったと思います。

 

犯人(花森弘卓)が逮捕されたら拘置所に移送され、後日被害者への賠償や裁判、その先には刑務所での生活が待ち構えております。

懲役ですと10年以上は確定になると思います。しっかり反省してほしいですね。

 

新しい情報が見つかりましたら更新していきたいと思います。

 

関連記事

悪質な事件ということで今読まれている人気の記事をあなたに紹介いたします。

【白金高輪駅で硫酸】犯人(花森弘卓)の両親(父親母親)の人物像は?

井戸侃也(いどなおや)の出身高校はどこ?生い立ちや評判も調べた

【和田毅のグローブ窃盗】清掃員中浜英寿の仕事での評判は?金に困り困ってたか