2020年NHK紅白歌合戦にSixTONESが内定しました。

ジャニーズファンは大喜びでしょう。

SixSTONESは2015年に結成されて初めての紅白歌合戦出場となります。

今回はSixTONESが披露する曲・出演する時間などを

予想していきたいと思います。

SixTONES紅白歌合戦2020の曲名は?

紅白歌合戦2020に出場は決まったものの気になるのは

披露する曲ですよね。

紅白歌合戦で披露する曲を予想してみました。

SixTONESの代表曲といえば

・Imitation Rain / SixTONES

・JAPONICA STYLE / SixTONES

・Telephone / SixTONES

・NEW WORLD / SixTONES

・この星のHIKARI / SixTONES

・Amazing!!!!!! / SixTONES

・RAM-PAM-PAM / SixTONES

・Hysteria / SixTONES

・光る、兆し / SixTONES

・IN THE STORM / SixTONES

 

があります。

その中で有力なのが

Imitation Rain / SixTONES

だと思います。

こちらはデビュー曲で今年の1月にリリースされた曲です。作曲はあの超有名なエックスジャパンのYOSHIKI

さんです。

 

売り上げは発売開始で55万枚を記録。10月地点で80万枚を記録しているからだ。

大きく売り上げを残し、ファンに支持されているのであれば

Imitation Rain / SixTONESが有力であると思われます。

センターは誰?

グループですから誰がセンターを勤めるのかは注目が集まるところです。

センターは高地優吾ではないかと予想します。

彼は一番人気でダンスと歌の実力がエース級です。

出演時間や順番を予想した

紅白初出場ですから

出場は最初の方ではないでしょうか。

ベテランになるほど後になる傾向がありますからね。

わかり次第更新いたします。

 

SixTONESのデビュー曲“Imitation Rain”は

リアルサウンドが以下のような記事を載せており、とてもわかりやすかったのでシェアします。

 「SixTONESが海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信した」とコメントを寄せたYOSHIKI。「滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKIメロディ“を取り入れました」(参照:Lmaga.jp)とも。どのような楽曲に仕上がったのかと、固唾をのんで見守っていると、聴こえてきたのは繊細で美しいピアノの旋律が鳴り響く、ミディアムロックバラード。歌詞も、〈紅に染まる〉〈薔薇〉〈雨〉……など、X JAPANの名曲「紅」や「ENDLESS RAIN」を思い起こさせるワードが並ぶ。

まとめ

紅白初出場となるSixTONESですが、どんなパフォーマンスを披露してくれるのでしょうか。

気になるところです。

情報がわかり次第更新いたします。