2021年の春の選抜高校野球が開始され、

天理高校は達孝太投手の好投で勝利しました。

内容は1失点完投で球数は161球でした。


2回戦もこの勢いで完投してほしいですね。

 

そこで今回は達孝太選手の出身中学や小学校

野球の経歴などを紹介したいと思います。

達孝太(天理)の出身中学はどこ?

こちらでは達孝太選手の出身中学について紹介いたします。

達孝太選手の出身中学は堺市立浜寺南中学校です。

 

<住所>

〒592-8344 大阪府堺市西区浜寺南町1丁55

 

中学時代は学校の野球部には所属せずに泉州阪堺ボーイズに所属していました。

野球の経歴については下記にて説明いたします。

達孝太が通っていた小学校や野球の経歴も調べた

こちらでは達孝太選手が通っていた小学校や野球の経歴について紹介します。

達孝太選手が通っていた小学校

達孝太選手が通っていた小学校は堺市立浜寺昭和小学校です。

<所在地>

〒592-8345 大阪府堺市西区浜寺昭和町2丁282


小学4年生の時に野球を始める。詳しくは下記にて紹介します。

達孝太選手の野球の経歴

野球を始めたのは小学校4年生の時です。

所属していたのは高石スワローズでした。

小学生の時はキャッチャーでした。

 

中学入学後には泉州阪堺ボーイズに所属しました。

有名なプロ野球のOBは

  • 黒川史陽(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 三木亮(千葉ロッテマリーンズ)
  • 白濱裕太(広島東洋カープ)
  • 小林寛(横浜DeNAベイスターズ)

などがいます。

 

  • チームの成績ですが
  • 2016年ボーイズ選手権大会 3回戦
  • 2017年ボーイズ選手権大会 2回戦
  • 2017年ジャイアンツカップ 2回戦
  • 2018年ボーイズ春季全国大会 ベスト8
  • 2018年ジャイアンツカップ 1回戦

 

でした。全国大会に出るほどの常連だったんですね。

投手としての実力が認められて高校は奈良県の天理高校へと進学します。

 

1年生夏からベンチ入りし県大会の大和広陵戦で2回無失点の好投

2年の夏はベンチ外だった。

 

2年の秋には近畿初戦・乙訓戦で9回5安打13奪三振1失点完投を記録しました。

同時期に大阪桐蔭と対戦したが、11安打を浴びて敗退した。

 

2021年の春1回戦で1失点10奪三振の好投を披露した。

夏の甲子園でも活躍が期待されますね。

達孝太選手の特徴やドラフト候補の噂も

こちらでは達孝太選手の球種や特徴などを紹介します。

 

身長193センチから投げ下ろすピッチングが特徴です。

最速は146キロです。

 


投げているのはフォークボールで落ち幅が広いですね。

他にもチェンジアップ・カットボール・スライダーを決め球としているみたいですね。

素材はすでにドラフト1位候補だと言われていますね。

 

高校卒業は即メジャーリーガーになることを公言しております。

日本のプロ野球で見れないのは残念ですね。

達孝太のプロフィール

 

名前:達孝太

生年月日:2004年3月27日

出身地:大阪府堺市

身長・体重:193センチ・85キロ

チーム:泉州阪堺ボーイズ

好きな食べ物:肉

嫌いな食べ物:トマト

達孝太選手のスカウトの評価

スカウトの評価をまとめました。

DeNA河原隆一・編成部スカウティングディレクターは「身長が高いしマウンドに立ったときの威圧感がある。藤浪(阪神)のような感じ。変化球の感覚も良さそうで、将来が楽しみな投手」と評価した。

 

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク|21/3/18
 「1年夏から甲子園を経験している。成長が楽しみ」

 

オリックス・牧田勝吾編成部副部長|21/3/18
 「肘から先の柔らかさに、器用さを感じる」  

 

オリックス・谷口スカウト|21/2/28
 「(球に)角度があるし、楽しみな素材」

まとめ

今回は達孝太(天理)選手について紹介しました。

甲子園で好投してドラフト1位候補ですね。

優勝してもっと注目されてほしい選手です。

応援しています。