2020年のドラフト1位候補と言われている選手です。

所属は星稜高校です。

今回は内山壮真選手の家族や兄弟・選手としての特徴などを紹介していきます。

内山壮真選手の家族は

内山壮真 選手の家族は5人で、父・母・姉・兄・内山壮真選手だそうです。

 

父の名前は彰博さんです。

スポーツ歴は空手で、なんと日本一になった経験があるそうです。

仕事は会社社長をしているそうです。

母親に関しては情報がありませんでした。

情報がわかりましたら更新します。

 

兄 内山 雄真

高校1年の夏から3年の夏まで腰の故障に悩み、一度は運動禁止も言い渡されたほど

重症だった。それでも諦めずに続けられたのは弟壮馬選手の存在だったらしい。

富山大会に試合に出た情報があり

1回戦が行われ、初優勝を狙う富山東は、3―2で高岡向陵に逆転勝利した。1番・内山雄真右翼手(3年)が2安打、1打点、1盗塁と奮闘。

 

ポジションはライトを守る。

姉に関しては情報がありませんでした。

わかり次第情報を更新します。

兄弟で空手をやっている

写真は空手大会で優勝した内山壮馬選手です。

父親の影響で(おそらく)子供たちは野球以外にも空手にも挑戦する。

内山壮馬選手も2歳で空手に挑戦。

 

父親の身体能力の高さを受け継いでいるんでしょうね。

空手やっていたことで厳しい野球の練習を続けてこれたのでしょう。

内山壮真のプロフィール

名前:内山壮真(うちやま そうま)

生年月日:2002年6月30日 16歳

出身地:富山県。上市町生まれ

身長:171㎝

体重:70キロ

右打ち右投げ

選手としての特徴

 

ポジションはショートとキャッチャー

星稜高校進学後に1年生で3番ショートを任され打率4割打点9を残す。

北信越大会・明治神宮野球大会の優勝に大きく貢献する。

 

肩が強く、遠投も110mという強肩です。

因みに、50m走は6秒3で、足はまずまずといった所です。

 

1年生の時から野球センスは別格だったらしい。

だからプロのスカウトから注目される選手なのでしょうね。

スカウトの評価

スカウトの評価をまとめました。

 

巨人・織田淳哉スカウト「両方ができるのは魅力。キャッチャーも内野手も高いレベルにある」
横浜・河原スカウトグループリーダー「(内山について)しっかり球を捉えていた。打撃センスを感じる。守備位置は各球団で評価はわかれると思いますが、捕手としては二塁送球が1秒83と速かった。遊撃手としても楽しみな素材だと思う」

阪神・筒井スカウト「心と体の芯の強さが魅力。小柄ですけど大きな力に加えて器用さも魅力の選手で、プレーを見ているとブレない精神面も感じます。捕手として評価していますが、野手としても非常に楽しみなところが多い選手です」「しっかり振ることを意識しているのが伝わる。軸がぶれないのが彼の特長」
広島・高山健一スカウト「広角に打てる技術を持っている。バッティングを生かしながら、オールラウンドにできるのが魅力」

中日・米村チーフスカウト「(内山について)実績があるし、今日打った、打たないで評価は変わらない。第2の岡林ではないが、捕手も遊撃手もできる。いい素材だと思う。十分、ドラフト対象になる選手です」

中日・音スカウト「(内山について)打撃は狙って逆方向にも打てるし、面白い。走塁もセンスがある。捕手としては期間が短く、守備面の評価が難しいが、伸びしろはあると思う。ハンドリングがいいので、内野手としても楽しみ」

ヤクルト・小川GM「172センチ、75キロと体は大きくはないですが、肩も強いし、動きも機敏で好印象が残っています。」

ロッテ・永野プロアマスカウト部長「打撃はずっと見てきたが、自分のタイミングで打てるし勝負強い。今年は捕手で昨年まで遊撃だったが、センスがあるので三塁や二塁も守れると思う」